AnimateCCのフィルター機能などを使ってみる

AnimateCC, AnimateCC, Filter

CS6くらいまでしか描画ツールをあまり使っていないので、表現力としてはAnimateCCはどんなもんなの?

ってことで、フィルター機能を使ってみることにします。

やってみたよ

手や足、顔などバラバラのベタ塗りMovieClipにしました。

ぼかしのフィルターをかけています。1pxなので分かりにくいかな。

光彩フィルターをかけました。

パーツパーツがくっきり分かれた感じがします。

油絵タッチのtextureをMovieClipにして乗算しました。

これは光彩をかけていません。

光彩をかけるとこんな感じ。

MovieClip内です。

油絵textureのMovieClipを置いて乗算しています。

ポイントはマスクをかけること。

マスクをかけないと、タイムラインに戻ったときに胴体の外側にはみ出した油絵textureのMovieClipが見えてしまいます。

タイムラインの一番上に布キャンパスのtextureのMovieClipを置きました。

乗算させると下に重なっているものすべてに影響するようです。

この部分だけ乗算かけたい!ってときはマスクですね。

乗算のかかり具合が濃すぎたので、アルファを調整しました。

また、カラー調整フィルターをかけると「明度」「コントラスト」「彩度」「色相」を調整できます。

これで良い感じの乗算具合を調整しました。

感想

やっぱりピンポイントで乗算をかけたいとか、こんなふうにフィルターをかけたいとかは工夫が必要ですね。

自分が実現したアニメーションによってMovieClipの構成も変わってくると思います。

描画表現の構成とアニメーション表現の構成、両方を考えて作るの難しそうです(;^ω^)

機能の改善してほしい点

  1. 乗算などの影響レイヤーやMovieClipの指定
  2. バラバラのMovieClipをグループとして扱い、アウトラインの抽出
  3. アーティスティックな処理ができるフィルター(ポスタリゼーションとか)

Adobeさ~ん、お願いします!