ZbrushCoreを勉強する:おおまかな素体として仕上げる

2019年1月11日モデリング関連

前回は頭部を作ったので、今回はボディを作っていきます。

ボディを作りこむ

解像度低めで大まかに盛っていきます。

 ただただ、盛ったり削ったりして作ります。

手を作りこむ

手の部分にマスクをかけます。

ポリグループをつかってマスクかけをしようと思います。

複数のポリグループを選択する

「Shift+f」をおしてポリグループを表示します。

まずは、1つ目の手先のポリグループを「Shift+Ctrl+クリック」で選択します。

まったく関係ないところを「Shift+Ctrl+ドラッグ」します。

すると、隠れていたポリグループが表示されます。

そして追加で選択したいポリグループを「Shift+Ctrl+クリック」で選択します。

選択が終わったら、関係ない部分を「Shift+Ctrl+ドラッグ」して表示を反転させれば、複数のポリグループを選択できます(*´ω`*)

そして、手の部分だけマスクします。

マスクをかけた部分を分割しようと思ったのですが、またボタンが非アクティブでした。

多分、ディバイド(細分化)をかけているのが原因のようです。

ディバイドは実際に細分化して頂点数を増やしているのではなく、

そのように見せかけているだけで実体がないのでしょう。

Blenderのモディファイアみたい。

実体のある頂点群にするために「ポリメッシュ3D化」をします。

その後、分割です。

分割後、頭がどっかいっちゃいました(;^ω^)

ありました(;^ω^)

どうやら分割すると別ツールとして生成されるようですね。

分割した手の片方のマスクを一部解除します。(Ctrl+Alt+ドラッグ)

Moveで引っ張り出します。

ダイナメッシュで穴をふさいで、指先のメッシュを調整します。

ざっくり形にします。

これから指を増やすのですが、本では左右対称モードをきるように指示がありました。

シンメトリを無効にしておきます。

人差し指だけマスクして分割します。

分割後、ダイナメッシュ。

指のサブツールを複製して、他の指にします。

Transposeで回転、移動、拡大縮小していきます。

最初にブラシをTransposeに設定すると、ギズモ(マニュピュレーター?)が遠い場所に出ます。

キャラクター全体の中心点あたりかな。

ギズモの中心点を移動させます。

ギズモの上の「マスクなしへ移動 メッシュ中央」をクリックしたらうまくいきました(;^ω^)

あとは、移動や回転、拡大縮小しながら中指を作ります。

手ができました(*^▽^*)

それぞれの指にポリグループを設定して、細かめのダイナメッシュをかけておきます。

もう片方の手は、マスクをかけて分割→削除。

完成した手を複製→「変形」の「ミラー」で反転させます。

最後にみんな結合してならす

これでようやく素体完成(*´ω`*)

こっから分割してポージングして、服作って…

道のり長そう~(*´ω`)