AnimateCCをAfterEffectで読み込む

Adobe Creative Cloud, AnimateCC

せっかく作ったサンプルのAnimateCCファイルをAfterEffectで読み込んでみます。

AfterEffect自体はあまり触ったことがないので自信ないですが、どんな表現ができるのかちょっと見てみました。

ファイル→読み込み

シンプルに「ファイル」→「読み込み」→「ファイル」で読み込むことができました。

読み込み後はAnimateCCのレイヤー構造がそのまま反映された形でコンポジションが作られます。

ただし、AnimateCCで設定したカメラは無視されました。

AfterEffectのカメラを使えってことかもしれません。

レンダリングの問題があるのでしょう。

エフェクトをかけてみる

基本的にここからはAfterEffectの編集の知識があればあるほど、表現が増えるでしょう。

でも、私はAfterEffectはいまいち分からないので基本的なエフェクトをかける実験だけしました。

ブラシストローク

ブラシで描いたような表現になります。

レイヤーごとにエフェクトをかけることができるので、背景だけブラシのようなタッチにするとかできそうですね。

拡散

輪郭が拡散されています。

このタッチ好きです。

可愛いですね(*^▽^*)

キャラクターにかけたいです。

スパイキー

独特な雰囲気の輪郭になりました。

これはこれで可愛いですね。

感想

AfterEffectはAnimateCCでは表現できない効果を与えることができるので、アニメーション作成後、仕上げると良さそうです。

ただ、出力は動画に絞られるのでAnimateCCのマルチプラットフォームという利点は損なわれます。

まぁ、たいがいどのプラットフォームでも動画は再生できるのですがね。

HTML5+createJSを使った操作なんかは、もちろんできません。

アニメーションの完成度を上げるには良いと思います!