酵素を取り入れた食生活

2019年3月12日健康, 酵素, 食生活

まずは家族と私の健康のため、食生活から改善しようかと思います(*^-^*)

こちらの書籍を参考にしました。

私なりに抽出したい要素についてお話しします。

酵素を多く摂取する

人間の体は酵素の力によって機能しているそうです。

食事に酵素を多く取り入れることで病気にならず健康的に生活できます。

ポイントは以下の通り。

  1. 生で食べる
  2. 発酵食品を食べる
  3. 雑穀や玄米を食べる

酵素は熱に弱く、加熱すると死んでしまいます。

生で食べる食事や発酵食品を増やすことで酵素をより多く摂取することができます。

酵素自体を摂取しても、そのまま体内酵素として働くわけではありませんが、著者は酵素の元となる栄養になっているのではと仮説をたてていました。

酵素を消費しない生活をする

酵素の消費量を抑えることも重要です。

  1. 酸化しているものを食べない
  2. 油のとり方は、主に魚からとる
  3. 植物性85%、動物性15%
  4. 酒やたばこを止める
  5. 良い水を飲む
  6. 規則正しい生活を送る

この他にも「牛乳や乳製品を食べない」「人間より体温の高い動物は食べない」などがあります。

このすべてを実行するのは至難の業ですね(;^ω^)

出来るところから少しずつ実現していきましょう。

日本人の食事摂取基準

農林水産省の資料です。

ここに1日に必要な栄養素を元に「主食」「副菜」「主菜」「乳製品」「果物」の摂取量が定められています。

ここで家族全員分の量を計算してみました。

  主菜 副菜 主菜 乳製品 果物
父(30代男性) 168g 245g 168g 140ml 140g
母(30代女性) 112g 245g 126g 140ml 140g
兄(10歳) 140g 245g 168g 140ml 140g
妹(8歳) 112g 245g 126g 140ml 140g
妹(3歳) 84g 196g 84g 70ml 70g
合計(一日) 616g 1176g 672g 630ml 630g
合計(一週間) 4,312g 8,232g 4,704g 4,410ml 4,410g

主菜は肉や魚、大豆製品です。

それが成人男性で1日168g

1食あたり56g

驚くほど少ないですね(;^ω^)

それに対して乳製品を除くと、植物性の食べ物と動物性の食べ物は7:3くらいになっています。

85%対15%には及びませんが、それほど肉や魚は少なくてOKってことですね(*´ω`*)

野菜炒めの中に肉を入れるだけで十分かもしれません。

現段階での私の目標

まずは生で食べるものを増やします。

特にフルーツを食べる習慣が皆無なのでフルーツをもっと食べるようにします。

サラダもできるだけ生で。

問題は「夫が生で食べることを嫌う」ってことですね(;^ω^)

彼には加熱した野菜を食べてもらうことにしましょう。