フィラメントの劣化ってこんなに早いの?私の湿気対策

2018年5月12日3Dプリンター関連, 劣化, 対策, 3Dプリンター

フィラメントの詰まりはかなり解消できるようになってきました。

まずは詰まらせないことが大事ですが(;´∀`)

しかし、詰まりを解消しても出力が安定せずこんな感じになってしまいました。

twitterでsaikiさんにお世話になり、いろいろ試しましたがダメでした。

ノズルとテフロンチューブを新しく入れ替えてもダメ。

やっぱり左右があると正常な方でいろんな事がテストできるので良いですなぁ(*´∀`*)

後からファンが動いていないことに気づきましたが、あんまりこの現象の原因とは思えなくてその後も試行錯誤していました。

そして、フィラメントの劣化に気づいたのです!

別のフィラメントを試したらあっさり解決~♪

ほんと、早く気づけばよかった…(;´Д`)

劣化したフィラメントは3Dプリンターを購入したときの付属品です。

11月に買って12月には問題が起こっています。

一月ですよΣ(゚д゚lll)

冬場は乾燥するのでそこまで保存方法を気にしていませんでした。

湿気対策が何より大事なようです。

これではイカンと慌てて家にあるもので対応しました!

フィラメントの保存方法

材料

100均で売っている食品用保存袋

ドライフラワーにチャレンジしようとして断念したときのシリカゲル(乾燥剤)

間違えて買ったマスキングテープ

コストコのキッチンペーパー

まさかドライフラワー用シリカゲルがこんなところで役に立つとは(*^▽^*)

ところで、ドライフラワーを断念した理由は大変すぎるところです。

買ったほうが安い!

このシリカゲルはリサイクル可能です。

フライパン(使っていないやつ)で炒ると水分が飛んでまた使えます。

乾燥剤の袋を作る

このシリカゲルをキッチンペーパーにくるみます。

本当はお茶の葉の袋みたいなものが良いけど仕方ありません。

これをくるんで、マスキングテープでとめます。

これで乾燥剤の袋は完成です。

保管

食品用保存袋に乾燥剤の袋を入れて完成!

定期的に乾燥剤の色をチェックして色が変わっていたらフライパンであぶります。

こっこれで大丈夫かなぁ(´ε`;)

不安は残りますがとりあえずはこれでいきます!

新しいフィラメント買わなくちゃ!

追記

結局、ドライボックスで湿気対策をすることにしました(`・ω・´)

詳しくは下の記事にまとめてあります!