スライサーの設定項目:Shell

3Dプリンター関連, 3Dプリント設定

ちょっとShellの設定項目は難しすぎてよく分かりませんでした(*´Д`)

英語が分からないという要因もあるけど、単純に何のことを言っているのか分かりません。

どのように役立てるべき数値なのか、推察できないでいます。

経験不足です(´・ω・`)

とりあえず、原文と拙い翻訳文を載せておきます。

(断っておきますが、英語は苦手です。翻訳は間違っている可能性あり)

Shell(殻)の設定項目

Outer Wall Extruder(外側の壁のエクストルーダー)

The extruder train used for printing the outer wall.This is used in multi-extrusion.

外壁を印刷するために使用されるエクストルーダー。これはマルチエクストルーダーに使用されます。

Inner Walls Extruder(内側の壁のエクストルーダー)

The extruder train used for printing the inner walls.This is used in multi-extrusion.

内壁を印刷するために使用されるエクストルーダー。これはマルチエクストルーダーに使用されます。

Wall Thickness(壁の厚さ)

The thickness of the walls in the horizontal direction.This value divided by the wall line width defines the number of walls.

水平方向の壁の厚さ。この値を壁の線幅で割った値が壁の数を定義します。

Wall Line Count(壁のラインの数)

The number of walls.When calculated by the wall thickness, this value is rounded to a whole number.

壁のラインの数。壁の厚さで計算すると、この値は整数に丸められます。

Outer Wall Wipe Distance

Distance of a travel move inserted after the outer wall,to hide the Z seam better.

Zの継ぎ目をよりよく隠すために、外壁の後に挿入された移動の距離。

Top Surface Skin Layers(上の表皮層)

The number of top most skin layers.Usually only one top most layer is sufficient to generate higher quality top surfaces.

一番上のスキン層の数です。通常は、一番上の一層だけが、高品質の上面を生成するのに十分です。

Top/Bottom Extruder(トップ/ボトムレイヤーのエクストルーダー)

The Extruder train used for printing the top and bottom skin.This is used in multi-extrusion.

トップとボトムのスキンを印刷するために使用されるエクストルーダー。これはマルチエクストルーダーに使用されます。

Top/Bottom Thickness(トップ/ボトムレイヤーの厚さ)

The thickness of the top/bottom layers in the print.This value divided by the layer height defines the number of top/bottom layers.

印刷物のトップ/ボトムレイヤーの厚さ。この値をレイヤーの高さで割って、トップ/ボトムレイヤーの数を定義します。

Top Thickness(トップレイヤーの厚さ)

The thickness of the top layers in the print.This value divided by the layer height defines the number of top layers.

印刷物のトップレイヤーの厚さ。この値を層の高さで割った値は、トップレイヤーの数を定義します。

Top Layers(トップレイヤー)

The number of top layers.When calculated by the top thickness, this value is rounded to a whole number.

トップレイヤーの数。トップの厚みで計算すると、この値は整数に丸められます。

Bottom Thickness(ボトムレイヤーの厚さ)

The thickness of the bottom layers in the print.This value divided bu the layer height defines the number of bottom layers.

印刷物のボトムレイヤーの厚さ。この値を層高さで割った値は、ボトムレイヤーの数を定義します。

Bottom Layers(ボトムレイヤーの数)

The number of bottom layers.When calculated by the bottom thickness, this value is rounded to a whole number.

ボトムレイヤーの数。底の厚さで計算すると、この値は整数に丸められます。

Top/Bottom Pattern

The pattern of the top/bottom layers.

トップレイヤー/ボトムレイヤーのパターン。

Line:線状
Concentric:同心円状
Zig Zag:ジグザグ

Bottom Pattern Initial Layer

The Pattern on the bottom of the print on the first layer.

最初のレイヤーの印刷の下部にあるパターン。

Line:線状
Concentric:同心円状
Zig Zag:ジグザグ

Top/Bottom Line Directions

A list of integer line directions to use when the top/bottom layers use the lines or zig zag pattern,Elements from the list are used sequentially as the layers progress and when the end of the list is reached, it starts at the beginning again.The list items are separated by commas and the whole list is contained in square brackets.Default is an empty list which means use the traditional default angles(45 and 135 degrees).

上/下のレイヤーが線またはジグザグパターンを使用するときに使用する整数の線の方向のリスト。リストの要素は、レイヤの進行とともに順番に使用され、リストの終わりに達すると、先頭から再び開始されます。

リスト項目はコンマで区切られ、リスト全体は大括弧で囲まれています。デフォルトは空のリストで、従来のデフォルトの角度(45度と135度)を使用します。

Outer Wall Inset

Inset applied to the path of the outer wall,If the outer wall is smaller than the nozzle, and printed after the inner walls, use this offset to get the hole in the nozzle to overlap with the inner walls instead of the outside of the model.

インセットが外壁の経路に適用されます。外壁がノズルよりも小さく、内壁の後に印刷されている場合は、このオフセットを使用して、ノズルの穴をモデルの外側ではなく内壁と重なるようにします

Outer Before Inner Walls

Print walls in order of outside to inside when enabled.This can help improve dimensional accuracy in X and Y when using a high viscosity plastic like ABS:however it can decrease outer surface print quality, especially on overhangs.

有効にすると外側から内側の順に壁を印刷します。これは、ABSのような高粘度のプラスチックを使用すると、XとYの寸法精度を向上させるのに役立ちますが、特にオーバーハング時に外面の印刷品質を低下させる可能性があります。

Alternate Extra Wall

Print an extra wall at every other layer.This way infill gets caught between these extra walls, resulting in stronger prints.

他のすべてのレイヤーに余分な壁を印刷します。このようにして余分な壁の間にインフィルが挟まれ、印刷が強化されます。

Compensate Wall Overlaps

Compensate the flow for parts of a wall being printed where there is already a wall in place.

すでに壁が設置されている場所に印刷されている壁の部分の流れを補う。

Compensate Outer Wall Overlaps

Compensate the flow for parts of an outer wall being printed where there is already a wall in place.

すでに壁が設置されている場所に印刷されている外壁の部分の流れを補う。

Compensate Inner Wall Overlaps

Compensate the flow for parts of an inner wall being printed where there is already a wall in place.

すでに壁が設置されている場合、印刷されている内壁の部分の流れを補正します。

Fill Gaps Between Walls

Fills the gaps between walls where no walls fit.

壁がはめ込まれていない壁の間の隙間を埋める。

Nowhere:どこも埋めない
Everywhere:すべて埋める

Print Thin Walls

Print pieces of the model which are horizontally thinner than the nozzle size.

ノズルのサイズよりも水平に薄いモデルを印刷します。

Horizontal Expansion

Amount of offset applied to all polygons in each layer.Positive values can compensate for too big holes;negative values can compensate for too small holes.

各レイヤー内のすべてのポリゴンに適用されるオフセット量。正の値は大きすぎる穴を補うことができ、負の値は小さすぎる穴を補うことができます。

Initial Layer Horizontal Expansion

Amount of offset applied to all polygons in the first layer.A negative value can compensate for crushing of the first layer known as “elephant’s foot”.

第1層のすべてのポリゴンに適用されるオフセット量。負の値は、「ゾウの足」として知られる第1層の破砕を補うことができる。

Z Seam Alignment

Starting point of each path in a layer. When paths in consecutive layers start at the same point a vertical seam may show on the print.
When aligning these near a user specified location, the seam is easiest to remove.
When placed randomly the inaccuracies at the paths’ start will be less noticeable.
When taking the shortest path the print will be quicker.

レイヤー内の各パスの開始点。 連続するレイヤーのパスが同じポイントで開始すると、縦のシームが印刷に表示されることがあります。
ユーザーが指定した場所の近くでこれらを整列させる場合、継ぎ目は最も簡単に取り除くことができます。
無作為に配置すると、パスの開始時に不正確さが目立たなくなります。
最短経路をとるときは、印刷が速くなります。

Z Seam X

The X coordinate of the position near where to start printing each part in a layer.

レイヤー内の各パーツの印刷を開始する場所の近くの位置のX座標。

Z Seam Y

The Y coordinate of the position near where to start printing each part in a layer.

レイヤー内の各パーツの印刷を開始する場所の近くの位置のY座標。

Z Seam Relative

When enabled, the s seam coordinates are relative to each part’s center. When disabled,the coordinates define an absolute position on the build plate.

有効にすると、継ぎ目の座標は各パーツの中心と相対的です。無効にすると、座標はビルドプレート上の絶対位置を定義します。

Ignore Small Z Gaps

When the model has small vertical gaps, about 5% extra computation time can be spent on generation top and bottom skin in these narrow spaces.In such case, disable the setting.

モデルに垂直方向の隙間が小さい場合、これらの狭いスペースの上部および下部スキンの生成に約5%の余分な計算時間を費やすことができます。そのような場合は、設定を無効にします。