ピンクムーンはあきらめブルーアースにする

制作記録

ピンクムーンはいったん保留します(;^ω^)

いろいろやったのですが、凹凸がくっきりしていないから難しい…

というわけで、ブルーアースにトライすることにしました(*’ω’*)

モデリング

レジンの色選び

水洗いレジンにパジコの宝石の雫を入れて着色しています。

パール色もめっちゃ良い感じです。

これ入れると質感が全然違います(。-`ω-)

半球モールドを買ったので、調色テストをしてみましたよ(*’ω’*)

調色見本

この中から、「ブルー+シルバー」の色を使って、地球を出力しますよ(*’ω’*)

3Dプリント設定

サポートはMidiumで、デフォルト設定です。

3Dプリント結果

写真では見にくいですが、亀裂が入っています。

なんとなく造形物が左右に揺れて、溝ができなたのかなぁって感じです(´・ω・`)

揺れを防止するためにサポートを増やすことにします。

3Dプリント設定 その2

「Support Density」を高くして、サポートを増やしました。

任意の場所にサポートを設置できればいいのですが(;^ω^)

Photonではできなさそう…

この設定で再チャレンジです。

ついでに、レジンをもう少し色を濃くしました。

3Dプリント結果

やっぱり縦に線が入ります。

なんだろう…

照射時間の関係かしら…(゜-゜)

球ってやっぱり出力が難しそうです。