3Dプリンターで歯磨きコップを作ってみる

2018年5月15日制作記録, 作品, 3Dプリンター

まず3Dプリントしたかったのが歯磨きコップです。

いろんな形がありますよね~

我が家が今使っているのは大きすぎると思っていたんです。

なので小さなコップが欲しかったのです!

フィラメント選び

口につける物なので人体に無害なフィラメントを選びます。

これです!ColorFabb社の「nGen」というフィラメントです。

FDA (米国食品医薬局) コンプライアンス対応していて食器にも利用できるようです。

食器はおいおい作っていく予定です。

実はPLAでもABSでもないのでQiDiテクノロジー社さんは推奨していません。

使うときは自己判断で使います。

モデリング

モデリングソフトは無料のBlenderを使っています。

無料なのにプロレベルの3Dソフトです。

まったく使いこなせません(-_-;)

3Dプリントではモデリングだけですが、無機物のモデリングってあまり得意ではありません(私が)。

なぜなら、なんとな~くこんな感じ♪って調子でモデリングするので、キッチリかっちり長さが決まったものを作れないのです(`・∀・´)エッヘン!!

生活用品を作っていくときに覚えていこうかな(* ̄▽ ̄)

モデリングは簡単に動画にまとめてあります。

コップなので超簡単でした。

3Dプリント設定

stlファイルをQIDI Slicerで開いた状態です。

今回のプリント設定です。

「nGen」は以下の設定が良いそうです。

  • エクストルーダー 220℃~240℃
  • ヘッドスピード 40mm/s~70mm/s
  • ヒートベッド 75℃~85℃

「nGen」はABSとPLAの良いとこ取りのフィラメントらしいです。

あまり反りを考えないでよいみたいです。

早速3Dプリントです!

できあがり

積層後が結構ついていますね。

水を貯めたらこんな感じです。

ちょうど2口分くらいでした(´∀`*)

感想

ちょっと小さすぎたかな~(;”∀”)

やっぱり「なんとな~くこんな感じ♪」というふうにモデリングしちゃダメだと思い知りました。

使用感はまずまずなので高さを10センチくらいに大きくし、厚みを薄くしようと思います(`・ω・´)

追記 11/27/2017

前回の歯磨きコップは少し小さすぎたためリサイズして再挑戦です。

変更したこと

若干厚みをうすくしています。

寸法を高さ10cmにしています。

その後の手順は前回と同様です。

stlファイルを読み込んだら、ちゃんと10cmになっていました。

実寸モデリングがちゃんとできていますね(*´▽`*)

3Dプリント設定は前回と少し変えました。

ちょっとサポートのテストがしたかったので、サポートの項目にチェックを入れています。

プリント完了

5時間くらいかかりました。

積層後は変わらずですね。

今度はちょっと大きすぎたかな~今使っているコップと変わらないくらいのサイズになってしまいました(;^_^A

研磨する

このままでは底が汚らしいので削って磨こうと思います。

これは長女が手伝ってくれた写真です。

左上で次女が見つめています。

他のことに気を取られすぐに作業は終了し、私が引き継ぎました。

少し汚れが付きましたが、表面はなめらかになりました。

感想

削る作業は疲れました~(-ω-;)

電動の削る工具が欲しいところです。

「nGen」は確かにABSとPLAの良いとこどりな感じですね。

ABSよりプリントが楽で、PLAより削りやすい印象です。

それでいて食器にも使えて耐熱性もありますが、価格が高い…(-ω-;)

プリント中の匂いはABSとは少し違いますが、匂います。

さあ!次は歯ブラシ立てを作ろうと思います!

がんばるぞ~!