ポニーテールの飾りを作る

制作記録, 3Dプリンター

今回はヘアアクセサリーをつくります。

未だにこんなデザインでいいのか疑問ですが(;^ω^)

会社で一番人気のデザインです。

会社は女性が多いのですが、女性の心に刺さるのかしら?

では、モデリングです。

モデリング

穴のあいているところに毛束がはいります。

慣れないスカルプトモデリングしてみました!

お尻の形としては満足してます(*’ω’*)

3Dプリント設定

「Quality」の「Outer Wall Line Width」を小さくすると綺麗になるとスライサーの説明に書かれていたので、ちょっと小さくしてみました。

3Dプリント結果

えっ…(*´Д`)

ちょっとでかい…

べつに特別、表面が綺麗になっているようには見えない…(´・ω・`)

気付いたら積層厚が0.3mmだった(゚д゚)!

そりゃあ、粗くなるよね(;´∀`)

ポニーテールにさしてみたら、この形状の突起では髪の毛にさしにくい…

ゴムに引っ掛けるイメージでしたが、モデリングし直しです。

サイズも小さくします。

3Dプリント結果 その2

小さくすると、接着面も小さくなるので途中で倒れちゃう(´・ω・`)

久しぶりにアレを使うことにします!

シリコン粘土で固定です!ドヤー(。-`ω-)

こんな感じで下を固定します。

3Dプリント結果 その3

やったー\(^_^)/

シリコン粘土、大成功☆

試着

小さすぎてポニーテールにハマりませんでした( ;∀;)

仕方なく毛束を小さくして試着してみました。

お尻と毛束の間に隙間が空いています。

浮いてる感が気に入らない(`・ω・´)

もっと「お馬さんのしっぽ」って感じが欲しい(`・ω・´)

お尻を2つに分けて、毛束を挟むか…(-ω-;)

そうすると一体感のあるお尻にならない気が…

挿す部分をもうちょっと考えてみます(`・ω・´)