配列複製を使ってオブジェクトを円形に配置する方法:Blender備忘録

Blender備忘録, モデリング

前にこんな記事を書きました。

今回は配列複製モディファイアを使う方法です。

どっちでも好きな法を使ってください(*´ω`*)

あえて違いをあげるならモディファイアなしで「Alt+Shift+a」で適用した後は、複製したものが独立したオブジェクトになるのでブール演算しやすいです。

モディファイアを適用した後は複製物はすべて同一オブジェクトとなり、ブール演算しにくいです。

3Dプリンターでリアル出力するなら配列複製モディファイアなしで、画面上の3DCGを作成するときは配列複製モディファイアを使うといいと思います。

完成形はこんな感じです。

複製したいオブジェクトを作る

こんな感じに作ります。

後で円形に配置した時に微調整を行うので大まかでOK!

エンプティを追加する

エンプティとは「空」という意味です。

その名の通り空のオブジェクトを挿入します。

「Shift+a」→「エンプティ」→「十字(なんでもOK)」を選んでください。

複製したいオブジェクトに配列複製モディファイアをかける

配列複製モディファイアをかけます。

配列複製モディファイアの「オフセット(OBJ)」にエンプティを指定して、適当な数を複製します。

エンプティを回転させる

ここからは微調整です。

お好みの円の大きさ、複製数になるように調整します。

エンプティを回転するとだんだん円形に配置されていきます。

数を増やしていき、円形に配置ができました(*´ω`*)