配列複製を使わずにオブジェクトを円形に配置する方法:Blender備忘録

Blender備忘録, 3Dプリンター

配列複製のモディファイアを使わずに、オブジェクトを円形に配置します。

「Shift+a」で円を追加する

円形に配置したい数と同じ頂点数を持つように設定する。(今回は6つ)

複製したいオブジェクトを用意する

今回は、円を複製して円形に配置する。

※このときオブジェクトの中心は揃える!

「Ctrl+p」で親子関係にする

複製配列したいオブジェクト → 六角形の順に選択して、「Ctrl+p」で親子関係を作ります。

ペアレント対象は「オブジェクト」。

オブジェクトプロパティ→複製で「頂点」を選ぶ

六角形を選んで、オブジェクトプロパティから「複製」の「頂点」を選びます。

大きさを調整する

複製するオブジェクトの大きさを調整します。

六角形を選択して、「Ctrl+Shift+a」で適用する

すると、1つ1つ連番でオブジェクトとして生成される。

同じことをICO球でも可能。

親子関係を作って、オブジェクトプロパティから面を選択すると、球状に配置される。