BorgCubeのランプシェードをLEDにかざしてみる

制作記録, 生活雑貨, 3Dプリンター

あれからネジを探しましたが見当たりませんでした(;^ω^)

おかげで少しお掃除ができましたが…

全然違うネジですが、予備にあったネジがとりあえず使えそうだったのでつけました。

これで3Dプリント再挑戦です(^^)/

3Dプリント設定

前回と変わらずです。

テストなんで、ちょっと粗めに出しています。

3Dプリント結果

2mmの積層の割には綺麗に出ている印象です。

再モデリングして良かった~(*´ω`*)

ちょっとうまいこと線が出ていない箇所もありますが、XY軸の問題なので、積層を細かくするよりヘッドスピードを落とす方が効果的かなぁ(*´з`)

問題はここから。

LEDライトにかざしてみましょう。

見え方が違ってくるはずです。

LEDライトにかざしてみる

部屋を暗くして、前に作ったLEDライトを使ってみます。

ああ(´・ω・`)

ちょっと…ぼやっとしてる?(*´Д`)

ライトが透けて見える部分がピンポイントすぎますね。

ルーメン(LEDの明るさ)が足りないかなぁ?

抵抗が大きすぎたかなぁ?

夫がよこした抵抗は50Ω以上ありそう(´・ω・`)アヤシイ

今度はちゃんとランプのように囲んで実験してみます。

牛乳パックでLEDライトを囲む

LEDライトを牛乳パックを切った中に入れて実験です。

これで明かりが漏れずに、実際のランプシェードの状況で確認することができます。

おお!(゚д゚)!

牛乳パックの四角い部分はちゃんとランプシェードっぽくなっています。

いい感じじゃない?(*´ω`*)

中身が空洞なので透けている感じが機械的な演出となっています。

ね ら い ど お り ! (。-`ω-)

さすが私(*^▽^*)

ですが、やっぱりフィラメントの色が白っていうのはちょっと違うなぁ…

ということで、ボーグキューブ用に買っていたグレーフィラメントを試すときがやってきました(`・ω・´)

グレーのフィラメントで試した結果

3Dプリント設定もすべて同じです。

キャー(≧∇≦)カッコイイ

ホワイトと同様になかなか良くできています(*´ω`)

さ~て、早速LEDにかざしてみましょう(。-`ω-)

LEDライトにかざしてみる

え?(*´Д`)

わかんないんだけど…(; ・`д・´)

ちゃんと牛乳パックにLEDライトを入れて光が漏れないようにしているんですよ。

グレーになるだけでこんなに光を通さないの!?(´・ω・`)

これは計算外です( ;∀;)

モデリングしなおして薄くしなくちゃいけないかなぁ…

またまた再モデリングになりそうです(;^ω^)