フィラメントをスムーズに通すための油壺

2018年5月12日制作記録, 油壷, 滑り, 3Dプリンター

頻繁にフィラメントが詰まるのは正直辛いです(´;ω;`)

分解するのもお掃除するのも面倒。

フィラメントの滑りを良くするために油壺とやらを作ってみます。

参考にしたのはこちら。

こちらで紹介されているモデルをプリントして使うことにします。

3Dプリント設定

ABSで出力します。

できあがり

失敗してる(´;ω;`)

最近多い~(>_<)

なにか原因があるはずだと思い、調べたら思い当たることが。

「プリントベッドの水平がおかしいのかも」と思って、水平を調整しました。

そして再挑戦!

わーい\(^o^)/

成功してます!

形は汚く、焦げているところもあるけど、久しぶりに成功した気がする(´;ω;`)

嬉しいなぁ!

ちょっと嚙み合わせが良くないけど、早速、油壺として使ってみます(ゝω・)

油壷の設置

実際に使用する道具たちです。

スポンジ、油、油壷、はさみ

準備として、はさみでスポンジを小さく切り油を少し染み込ませておきます。

こんな感じで設置します。

中にはフィラメントが入っています。

ガイドチューブがちょうど入る大きさでよかった(;´∀`)

そのへん全然考えずにプリントしちゃった(*´∀`*)

両方のエクストルーダーに設置して完了です(。-`ω-)

これでフィラメントの滑りが良くなるはず!

期待しています!