我が家に3Dプリンターがやってきた!QIDIテクノロジー:3DF-QD-ABSYWセットアップの記録HW編

2018年5月13日3Dプリンター関連, 3Dプリンター

ついに我が家に3Dプリンターがやってきました(*´▽`*)

買ったのはこれ!

決め手はデュアル押し出し方式でこの安さですね。

そして、サポートは英語だけどめちゃくちゃ手厚そうなところが気に入りました。

さっそく開封~セットアップまでをまとめてみました!

開封と同梱内容の確認

買い物から帰ると9時を少し過ぎるくらいでした。

我が家付近にヤマト運輸さんのトラックを発見!

はΣ(゚□゚;)ツ

「今日届くはずの3Dプリンターがもう来たのでは!」と思い、

不在だったヤマト運輸の配達員さんをトラック付近で待ちました。

買い物袋下げながら(;^_^A

そして我が家にやってきました3Dプリンター(≧∇≦)

こんな感じで届きました。配達員さんが一人で持てるくらいでした。

早速、開封!

テープを切って気づきました。

天地が逆になっている!!!

「Keep UP」って書いてあるのに!

ヤマトめ!!雑な仕事するな!

気を取り直して開封作業を進めました。

QIDIテクノロジーさんからこんにちはのお便りです。

読んでもよく分かりません。

すっとばして次に行きます。

上部にある段ボールの箱を取り除いていくと、ここでいったんストップしました。

コードの先の部分が段ボールに梱包されているので、一度取り出してから段ボールの小箱を出します。

段ボールの小箱を出した状態↑です。

周りの発泡スチロールを取り除きます。

だんだんとあらわになる3Dプリンター。

この状態からだと女性の私でも取り出せました。

じゃーん!

余計な緩衝剤を取り除きます。

おおおお!なんか感動!

ですが、プリント台下の段ボールの小箱を取り出せません。

プリント台が動かないので困りました。

とりあえず説明書を読んでみようと、今までの段ボールの小箱を開封してみました。

同梱されていたのはこれ!

ありゃ?説明書がない。

ネットではSDカードに説明書が入ってるって書いてあったけどなぁ…

改めてQIDIテクノロジーさんからこんにちはのお便りを見ることにしました。

Please find the QiSi Tech I’s newest user manual in the SD card.

と書かれています。やっぱりSDカードがあるのか。

おや、これは?

SDカードはここにあるみたいです。

え?ないけど。

どこにあるの?まったくわからーん(# ゚Д゚)

念入りに探してみました。

あった!SDカード!

取りにくい(`Δ´)

なんとか抜けないかやってみました。

抜けね~~~・゚・(。>д<。)・゚・

仕方がないので段ボールの小箱をどうにかして取り出すことにしました。

そしてついに電源を入れずにプリント台を動かす方法を発見!

プリント台の真ん中の棒をくるくる回します。

すると徐々にプリント台が上がります。

ほら、こんな感じ。

ふぅ。取り出しに成功!

やっとSDカードも取り出せます。

こんにちは!SDカード!

改めて同根内容を確認しました。

こんな感じです。

左上のフィットちゃんランドセルは関係ありません。

3Dプリンターを買っても付いてこないので注意してください(´∀`*)

さてとSDカードの説明書を読みましょう!

と思ったら家にSDカードリーダーがなかった!

急遽、買いに行くことにしました。

説明書を読んで内容物の確認

SDカードリーダーを近所の電気屋さんへ買いに行きました。

ママチャリかっとばして急いでね♪

いざ説明書を読みます。

まずは内容物の確認からします。

ちょっと違うけどだいたい合ってるかな。

ん?ちょっと待てよ。

ええええええ(´;ω;`)

SDカードリーダーついてたの!?

もうしょんぼりです(´・ω・`)

しばらく呆けてました…

大丈夫。SDカードリーダーライターなら活用場面たくさんありそうだし、良しとします。

気を取り直して次の設定に移りましょう!

電源の設定

説明書には米国以外のお客様はこんな風に設定してねと言っています。

Determine the voltage in your location.Depending on voltage in your area,you may have to switch the power setting from 115V to 230V before you plug in the printer.

—Google翻訳—

お住まいの地域の電圧を決定します。地域の電圧に応じて、プリンタを接続する前に電源設定を115Vから230Vに切り替える必要があります。

日本はどうやら115Vの設定にしないといけないみたいです。

これを…

こうして…

ここに電源の設定があります。

この赤いスイッチが電源の設定です。

どうやら115Vの設定になっているようなのでこのままにしときます。

ハードウェアセッティング

エクストルーダー

まずはエクストルーダー(押し出し部分)のセッティングです。

プチプチに包まれているのでとります。

エクストルーダーの黄色いテープはとっちゃ駄目みたいです。

耐熱テープになっていて必要な部品みたいです。梱包材と間違えないように。

台を動かします。

この上にエクストルーダーが乗ります。

エクストルーダーの両横にあるネジを取り外します。

エクストルーダーの押し出し部分を下にして、さっきのネジでとめます。

この部品もエクストルーダーに取り付けます。

穴が開いているので差し込みます。

下の部分をネジでとめます。

エクストルーダーはこれでおしまい。

SDカードに入っていたインストール解説動画より簡略化されています。

フィラメント部

次はフィラメントを設置する部分。

これを…

こうします。

支柱を背面のネジ穴に回しいれるだけ!

次は、フィラメントガイドの設置。

これを…

フィラメントの近くにガイドを挟み込める部分があるのでパチっと押します。

両方設置完了!

早速フィラメントを通します。

あれ?この向きだとスムーズにフィラメントが入らないのでは…

不安になったので入れ替えることにします。

一度外します。

外すとこんなんになっちゃいました(;゚Д゚)

ネジを外してまた付け直します。

ふう…元通りです。

フィラメントを通します。

フィラメントが通りました。

アクリル板

次はアクリル板を本体の開口部に取り付けます。

まずアクリル板に貼られているシートをとります。

このシートがめちゃんこ剥がしづらいです。

遊びがないので頑張って取るしかありません。

時間がかかりました。

剥がすとこんな感じ。

これを8枚分剥がします。

ペンチでナットを押さえながら六角レンチでネジを回して部品を付けます。

ペンチは付属していませんでした。

六角レンチは付属品の中にあります。

これを3Dプリンター本体に取り付けます。

3側面に着けたらこんな感じ。

このように開くようになっています。

次にプリンター上部のアクリル板です。

これはシートを剥がす前です。

これを箱型に組み立てます。

まず、ネジを通してナットをつけます。

その後、つなげるアクリル板を接続して六角レンチで回すとスムーズに組み立てができます。

組み立て完了!

これを3Dプリンターの上部に設置します。

じゃーん!

ハードウェアセットアップ完了!

感想

ふぅ( ´Д`)=3

初めてのことなので手間取ることも多々ありましたが、なんとかなりました。

SDカードリーダーが付属していたのにはショックでしたが仕方ありません(´・ω・`)

次はぼちぼちソフトウェアセッティングしようと思います!